読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ、おこさまらんち

顔色が悪いだけの人生

ポジティブをこじらせて

どうでもいい話ですが、一昨年の3月に保育士を辞めて転職、今年の4月からニートになりました。

 

1年で会社を辞めました。

 

理由は色々ありますが、一言で言うと「ポジティブをこじらせたから」です。

 

雨宮まみさんの「女子をこじらせて」から「こじらせ女子」という言葉が生まれました。

 

私の場合は「ポジティブ」をこじらせてしまったようです。

 

 

 

いつからかわかりませんが、何が起きてもポジティブに考えるようにしていました。

 

失敗しても「これが学びになる!」とか、嫌いな人がいても「嫌いな人は私の鏡だから、いいところをみないと」とか。

 

でも、実際はかなりの根暗なので失敗すると「なんでこんなに私はダメな人間なんだ」とか嫌いな人がいると「嫌いな人は私の鏡だから私も嫌われているんだ」と考えてしまいます。

 

私はかなり極端な性格なので、12000%のポジティブ思考「やっべー私ゼウス!!」と12000%のネガティブ思考「私なんて水下痢にもなれない」と程よい思考ができないんですよね。

 

さらにしんどいのはこの落差の激しい思考が常に頭の中でシーソーしていること。

 

保育士から会社員に転職して数ヶ月、何もできない自分がいました。

 

でも、ポジティブに「今が学びのとき!」「数ヶ月経てば神がかった技を発揮するんじゃ私は」と考え乗り越えようとしても、「はぁ、またダメだ。なんでこんなポンコツなんだよ」「きっと周りの人みんな私の退職を望んでいる」とブラックな言葉が頭の中を駆け巡るんです。

 

それから、数ヶ月経っても、私は残念ながら何も成長できていませんでした。

 

でも、ポジティブな思考は止まってくれません。「大丈夫、大丈夫。まだまだこれからだよ」「みんな同じように壁にぶつかるから、こっから頑張れ!」「なんでもできるさ、やっほい!やっほい!」。

 

そして、ブラックな思考も止まりません。「会議で口を開けばみんなが嫌な顔するから黙っていないとダメだ」「ほら、どんどん必要無い人間になってる」「給料泥棒だよこんなの」。

 

気づけば、大きな円形脱毛症がいくつもでき、毎晩22時きっかりに蕁麻疹が出るようになりました。

 

そして、会社のトイレから出られなくなりました。

 

今考えれば理由は簡単で、ポジティブな考え方とネガティブな考え方のギャップが大きすぎたせいです。

 

友人や家族に悩みを打ち明けても「ポジティブに考えないとダメだよ〜」と言われます。

私も今までそうやって人にアドバイスしてきた。

 

「ポジティブに考えよう」という気持ちが大きくなればなるほど自分への期待も膨らみ、望んでいた結果がでなかったときには奈落の底に落とされる。

 

その繰り返しが身も心も蝕んでいくことがわかりました。

 

ポジティブ思考も大事だけど、ポジティブ思考を頑張ることは大事じゃない。

 

ポジティブ思考を頑張り続けると、くるっと回転してネガティブ思考が強くなる。

 

「退職してよかったよ」と考えると同時に「ほらやり遂げられなかった。私には無理だったんだ」とブラック思考の比重が上がっているのが現状。

 

就職しようにも勇気が出せないでいます。

 

私が会社にいることで迷惑をかけてしまうんじゃないか。

 

「努力しよう!」という気持ちよりも人に対する恐れしか今はないので、もうすこしおちついたらまた頑張ります。

何が言いたいかって、ポジティブ思考はほどほどに。