読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ、おこさまらんち

顔色が悪いだけの人生

先生、きみたちを捨てたわけじゃないんだ。

22歳になる年に保育士になった。

 

3月31日まで大学生だったのに4月1日になったとたん「先生」と呼ばれる。

 

不安で胸が張り裂けそうだった出勤初日の朝、目の前にいたのは母と離れ泣き叫ぶ7人の0歳児。

 

何言ってんのかわかんないし、お腹空いてるのかと思って何か食べさせれば怒る。持たせた野菜スティックをぶん投げ、私によだれと鼻水と涙をぶちまけてくる。

 

意思疎通が上手く行かず、「なんでわかってくれないわけ!!」と泣き叫ぶ赤ちゃんと一緒に泣いたこともあった。

 

そんな彼らと3年間一緒に過ごした。

 

ただ泣き叫んでいただけの赤ちゃんが、ハイハイして、私の名前を呼び、気づけば歩いて走り出す。

 

昨日できなかったことが今日にできるようになり、その喜びを言葉で伝えてくれるようになった。

 

彼らは私の全てだった。

 

心のそこから愛してたし、食べちゃいたくなるぐらいかわいかった。

 

金曜日の夜は「あの子たちは土日なにするのかな」と考え、日曜の夜は「あー明日やっと会える!」と月曜日への期待を胸に寝てた。

 

私が働いていた保育園は保育園と幼稚園で分かれている。

 

3歳になって4月を迎えたら、幼稚園に進学する。彼らとのお別れが待っている。

 

彼らのいない生活は想像できなかった、毎日一緒に遊んで、楽しいことを共有して、悲しいことも共有した。

 

そんな彼らを送り出すのが辛かった。

だから、保育士を辞めることを決めた。

 

転職が決まった10月、のこり数ヶ月この子たちにありったけの愛情を注ごうと決意し、一日一日を無駄にしないように過ごした。

 

3月になり私の退職が発表されたとき、保護者の方から「なんで?」「6歳の卒園まで見届けてくださいよ」「ずっと一緒にいてくれるんじゃないんですか」と質問攻めにあった。

 

へらへらしながら「ニートになります〜」なんて返してた。

 

ある日、私の退職を知った子どもが私にこういった。

 

「先生、どこかへ行っちゃうんでしょ?なんで、もう一緒に遊ぶのやなの?」

 

「いい子にするよ。なんでもう怒らせないよ。ずっと一緒でしょ?」

 

「もう僕たちのこといらないの?きらいなの?」

 

3歳児の口から出た思わぬ言葉に絶句した。

 

思わず黙りこんでしまった私を見てポロポロと涙する子ども。気づけば私の目から涙が溢れていた。

 

結局、いい言葉が見つからず抱き合ってお互いの涙を拭いた。

 

3月31日、子どもと一緒にいられる最後の日。みんなの大好きな歌を歌い、思い出の公園でいっぱい遊び、楽しく過ごした。

 

勤務時間が終わる間際、お母さんたちと子どもたち全員が集まってくれた。寄せ書きをもらい幸せだった。

 

涙をこらえ笑顔でわかれ、園に一礼して家に帰った。

 

家に帰り、もらった寄せ書きに目を通す。

 

私に「もう僕たちのこといらないの?きらいなの?」と聞いてきた子のお母さんからのメッセージ

 

「先生の退職を子どもに伝えたとき、先生が僕を捨てるんだと泣き崩れました。

 

翌日の朝、先生にずっと一緒にいてほしいことを伝えると保育園に行きました。

 

帰宅後、先生にお話しできたのか聞いてみると『あきちゃん、涙で「大好きだよ」って言ってくれたよ』と笑顔でおしえてくれましたよ!」

 

顔がゆがんで妖怪みたいになるまで泣いた。

本当にいい仕事だなって、保育士って最高に幸せな仕事だなって思えた。

 

彼らと離れて3ヶ月経った、毎日寝る前には写真やムービーを見て、土日は運動会のDVDを見てる。

 

思い出に浸るたび「保育士に戻りたい」と思う。でも、戻らない。

 

だって、他の子どもたちを彼らのように心から可愛がって愛してあげることはできない。

 

退職する日、1人の女の子が私に「大きくなったらまた遊ぼう」って言ってくれた。

 

最後にあったときは腰ぐらいの身長だったけど、毎日大きくなってるんだろうな。

 

大きくなればなるほど、私との思い出は薄まっていく。彼らの人生はまだ始まったばかり、これからいろんなことを頭に入れていく。

 

「先生は僕を捨てる」なんて言うけれどそれはこっちのセリフで、きみたちは私との思い出を捨てて大きくなる。

 

自分がどんどん過去の存在になっていく切なさを写真のなかにいる彼らの笑顔をみて感じる。

 

私との思い出をどんどん捨てて、大きく大きく逞しく育ってほしい。

 

私はきみたち一人一人がはじめて見せてくれた笑顔、はじめて喋った言葉、そして、はじめて自分で歩いた一歩を忘れないから。

 f:id:elleaki1990:20160730210923j:image